青年部会

    専門委員会

  • 企画・財政委員会
  • 広報委員会
  • 研修委員会
  • 福利厚生委員会
  • 青年部会
  • 医療廃棄物部会
  • 建設廃棄物特別委員会
  • 安全衛生協議会
  • 倫理委員会
  • 情報活用部会
  • 法制度整備委員会
  • 収集運搬部会
  •  

    地区委員会

  • 横浜地区委員会
  • 川崎地区委員会
  • 横須賀地区委員会
  • 県央地区委員会
  • 湘南・県西地区委員会

 

主な活動内容

青年部会員が誇りに思える事業に取り組んでいく!!

横浜開港祭支援プログラム

実施日

2017年6月2日(金) 〜6月3日(土)

瓶、缶、廃プラなどの廃棄物を、来場者の方、自らで分別・処理していただく運動、「横浜開港祭支援プログラム」については、青年部会の行事の一環として、平成29年6月2日から3日までの2日間実施したところです。

天候にも恵まれ、横浜開港祭には、家族連れ、カップルなど多くの方が来場され、80万人(主催者発表)を超える盛大な行事となりました。

青年部会では、来場者の方に廃棄物を、分別・処理していただけるよう、「エコステーション」を14箇所に設置し、廃棄物の分別・処理の大切さを知っていただくとともに、協会が取り組んでいる環境問題等への取組や資源の再利用を推進する取組など、広報活動にも積極的に取り組むことによって、協会の認知度を高めることにも努めたところです。

ページの先頭へページの先頭へ

元世界チャンピオン畑山隆則氏をお招きして

実施日

2017年8月4日(金)

元WBA世界チャンピオンの畑山隆則氏を講師に、「ボクシングから学ぶ経営及び人材育成」について学びました。人材育成では、地道な努力を怠ることなく夢を持たせ、その夢に向かって汗をかくことの大切さを学びました。

ページの先頭へページの先頭へ

産三山プロジェクト「第2回富士山清掃」〜in三保の松原

実施日

2017年10月6日(金)

「産三山プロジェクト」は、中部ブロックの静岡県、関東ブロックの山梨県と神奈川県といったブロックを超えた共同事業として発足したが、今後想定される大災害や大地震等が発生した場合の救助活動や災害復旧・復興の取組に当たっても、ブロックを超えた広域的な活動に生かせるようにできればと思うところである。高橋青年部会長は、青年部の活動方針として、「青年部会員が誇りに思える事業に取り組んでいく」ことを掲げており、こうした取組の一つひとつが協会の、そして産業廃棄物業に対するプラス評価に結び付いてくれる事を願ってやまない。

ページの先頭へページの先頭へ

東海道「宿場町対抗」ゴミ拾い競争

実施日

2017年11月10日(金) 〜11日(土)

このたびの「宿場町対抗」のねらいは、「神奈川にゆかりのある場所」、そしてなによりも正月恒例の「箱根駅伝」と同じコースを設定することにより、よりインパクトのあるイベントとすることで、広く一般の方に、産業廃棄物処理業に対する認知度を上げてもらえ、そして産業廃棄物処理業に従事する会員が誇りに思える事業を展開することにありました。こうしたいくつかの取組が、公益法人である当協会の事業にもつながり、公益法人としての評価になるものと考えています。

ページの先頭へページの先頭へ

講習会開催

実施日

2017年12月1日(金)

講演(第1部)

演題:「かしこい契約書の作り方」
講師:未来創造弁護士法人 三谷 淳 氏

講演(第2部)

演題:「印紙税について」
講師:島田芳幸税理士事務所 島田芳幸 氏

ページの先頭へページの先頭へ

全国産業廃棄物連合会関東ブロック賀詞交歓会及び先輩を送る会

実施日

2018年2月9日(金)
2017年12月1日(金)

ページの先頭へページの先頭へ

青年部会が表彰されました!!

「継承と進化へ新たなる挑戦!」のテーマのもと、平成26年11月21日(金)全産連青年部協議会全国大会が名古屋で開催され、当協会青年部会の「開港祭支援プログラム」活動がCSR2プロジェクトエントリー1118社の中から「ご当地CSR活動部門」で審査委員長賞を受賞いたしました。

ページの先頭へページの先頭へ

親会の総会・賀詞交歓会の運営のお手伝い

ページの先頭へページの先頭へ

東日本大震災の宮城県被災地支援活動

実施日

2012年9月14日(金)〜15日(土)

被災すると、家財道具から住居、自動車、樹木、道路、橋など、ありとあらゆるものが廃棄物となって復旧の障害となる。廃棄物には、焼却処分のできるものだけでなく、鉄骨、ガレキ、これらの混合ガレキなど、復旧に当たってはその手順だけでなく、専門分野の知識、技量を要するものもあり、初期対応のルール化が重要になることを学びました。

ページの先頭へページの先頭へ

青年部会では、メンバー募集中

CSR活動や交流会、もちろん勉強会を通じて仲間を増やしてみませんか?

ページの先頭へページの先頭へ